電気針脱毛は効果が高い

レーザー脱毛が18年ほど前に登場するまで、永久脱毛できる方法と言えば、電気針脱毛だけでした。針を各毛穴に刺し込んで、電流を流すという方法です。痛みが強く、手間暇がかかり、施術者の技術への依存度が高く、費用も高額だったため、ごく一部の人しか利用できないものでした。でも、技術がある施術者なら毛穴にある毛母細胞を確実にたたけるので、効果は高いです。レーザー脱毛だと、毛を通じて熱を伝えるため、毛根とつながっていない毛だと効果は得られないんです。

レーザー脱毛の登場で

レーザー脱毛の登場で、永久脱毛は劇的に身近なものとなりました。毛根を一定面積ごとに処理できるため、所要時間が短くて済みます。施術者の技術によるバラつきもそれほど懸念しなくて済みますしね。なにより費用が安くなりました。まだ登場して18年しかたっていないため、改良の余地が大きいのでしょう。技術は日進月歩で進んでいて、より短時間により効果的に施術できるようになり、ますます価格低下が進んでます。痛みも電気針脱毛より、ずいぶんと少なそうです。

レーザー脱毛の弱点は

いいことずくめのようなレーザー脱毛ですが、弱点もあります。まず、色黒の人には使えないということです。黒い色に当たると熱を生む光を利用しているため、色白で体毛が濃い場合に最も効果が得られます。もともと色黒だったりすると、肌も発熱してしまうため、軽いやけど状態となり、レーザーを照射した肌が真っ赤になってしまうことがあります。それに産毛など、薄い毛にも不向きです。体表に出ている毛のうち、成長期の毛にしか効果が期待できないというのも残念なとこですね。

永久脱毛を東京でするために、美容クリニックを探しましょう。サロンと異なり、医療機関であれば永久脱毛が可能です。